芽吹神社 福徳神社
百川と浮世小路

百川と
浮世小路

百川と浮世小路とは

百川繁栄図 ◀︎百川繁栄図

 『江戸惣鹿子名所大全』(元禄3年・1690)に、「福徳稲荷 室町うき世小路」あります。
また、『続江戸砂子』(享保20年・1735)には「室町うきよ少路に在り」と記載されています。
うきよ小路(しょうじ、と加賀ことばで読みます)とは、日本橋大通りの室町三丁目から東に入る奥行20間ほどの小路であり、突き当たりは伊勢町堀からの堀留で、江戸中期以降には塩河岸(北側)に有名な料理屋「百川楼」がありました。

現在の浮世小路 ▲現在の浮世小路
現在の浮世小路 ▲コレド室町前の標識に面影を残している

 浮世小路を加賀言葉で「うきよしょうじ」とも読むのは、古くは加賀出身者が住んでいたことに由来します。
 「百川楼」は明治のはじめ頃まで営業を続けていた江戸屈指の料理屋で、落語「百川」の舞台にもなっています。また、安政元年(1854)、ペリー来日の際には、百川楼の料理人が横浜まで出向き、使節団をもてなす料理を作りました。

新浮世小路 ▲新浮世小路
石柱 ◀︎石柱